忍者ブログ
 
[136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

canops.jpg





沖縄県立博物館では
「古代エジプト 神秘のミイラ展」が開催中であり
オランダ国立古代博物館所蔵の、本物の人間のミイラ2体を含む
200点ものエジプトのあれやこれやが来ておられるとの事。

で、行って来たわけです。
展示物の大半がミイラ作りに関する物で占められており
最後のブースで件のミイラと棺がドーン!と
いう流れでした。

でね、ミイラの作り方やら、意味やら見ててね
どんだけ古代エジプト人は生き返りたいんだと、思いました。
もうね、必死ですよ彼ら。
死ぬ程生き返りたがってました。

人間は、肉体と魂(バー)と生命力(カー)から成っており
死ぬと、バーは肉体から離れてしまいます。
でも肉体がそのまま残っていればバーは肉体に戻って生き返ると。
大雑把に言えば、古代エジプト人の考え方はそんな感じなんですがね、多分。
こういうのを自分で捻りだして実行しちゃうってのはさ
死ぬのが超怖かったのかなー。とか思うわけです。
それに加えて頭が良すぎたんだなー。
なんか暗いんですよね。
ミイラの棺とかすごい派手なんだけど、意味を思うと暗い。
もう死ぬ事と生き返る事ばっかり考えてるんじゃないかと。
ミイラの作り方なんてほんとに暗いです。
心臓以外の臓器は全部取り出して壺に詰める。
脳なんて鼻から引っ張り出すんだって。
わおー。

まあさておき
一通り見ながらね、これはちょっとヤバいぞと。
つまり、外に出たら素敵グッズが山積なんじゃないかと。
例えば前述のバーっていうのは、人の頭を持った鳥でね
死んだ人の肉体からパタパタ〜と飛んで行っちゃうんだけども
このバーがね、かわいいんです。
あとね、取り出した臓器はねカノプス壺に入れるんだけども
この壺ね、フタが鳥とか犬とかの形でかわいいのね。
他にもアヌビス神ってね、頭がジャッカルの人とかね
非常に良いキャラクターがいっぱいいるんです。
でそのバーとかアヌビスとかのフィギュアとかさ
カノプス壺を模した入れ物とかさ
とにかくヤバいぞ、財布が。と。
したらですね、もーがーっかり。
ポストカードとかクリアファイルとか変なバッグとかトランプとかばっか。
むむむー。
購買意欲というものは、想像で膨らむぞと。
思いました。
むむむー!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[07/16 くどうだいすけ]
[07/14 りゅう]
[05/15 くどうだいすけ]
[05/14 タケウチ]
[04/29 くどうだいすけ]
最新記事
プロフィール
HN:
くどうだいすけ
HP:
性別:
男性
自己紹介:
沖縄県浦添市の家具店KiCHiで家具、雑貨等を作っております。
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]


(Design by 夜井)